借金200万円のベストな返済方法は?自己破産は可能?最適な債務整理の選択方法も解説

「借金がかなり増えてきた…200万円なんて大金みんなどうしているんだろう」

「自己破産かなぁ…でも借金が何億もあるわけではないし…」

収入にもよりますが、200万円もの借金をかかえるようになると、どうやって借金の返済をしていこうか…という事が生活の中心になることも。

このページでは、200万円くらいの借金がある場合の対処の方法について考えてみましょう。
また、大切なことなので結論から先にお伝えします。

借金問題は時間との勝負で、後回しにすればするだけ状況は悪くなり取り返しがつかない状況まで追い込まれてしまう方も少なくはありません。

現実的に、100万円近い金額、100万円を超える金額を自力で返済出来る方はごく僅かです。

元金は全く減らないまま利息だけを5年も6年も支払い続けている人。

闇金にまで手を出し家族や大切な人もを巻き込んで全てを失ってしまう人もいるのが現実です。

返済がキツイと思ったら今すぐに行動を起こすべきです。

手遅れになる前に、1日でも1分でも早い段階で専門家に相談をすることをおすすめします。

専門家は匿名・無料で使えるシミュレーションサイトの利用が便利で簡単です。

それでは本文の解説を進めていきます。

「総量規制」から考える200万円の借金

200万円程度の借り入れになってしまっている場合には、返済しては出た枠で借り入れをして、収入と併せて支払い日が別の所を支払っているという状態になります。

このような状態が日常的になってしまっているため、借金が多いのかどうかも判断つかなくなっていることも多いといえます。

そこで、どれくらい「借りすぎか」という事を判断するために「総量規制」との関係を見てみましょう。

総量規制というのは、貸金業法に規定されているもので、借金をしすぎることを抑止しようとしたものです。

総量規制によると、消費者金融・信販会社からの借り入れは年収の1/3に抑制されることになります。

ここには住宅ローン・自動車ローン・銀行からの借り入れは含まれません。

総量規制の観点から見た200万円の借金は多いのか少ないのか

では、総量規制から見た200万円の借金は多いのか少ないのかを、年収別に見てみましょう。

年収300万円の人が総量規制で借り入れができるのは100万円まで

まず、年収300万円の人ですと、借り入れできる上限は100万円です。

今現状200万円を借り入れてるとするならば、

  • 過去にそれ以上の年収があったが下がった
  • 銀行や自動車ローンなど送料規制に含まれない借り入れをしている

という事が考えられます。

貸金業法が総量規制を導入して「これ以上は借りすぎ」と判断できる上限まで借り入れを行っていると評価されているといえます。

借金200万円の方の生活の一例~こんな生活になっていないですか?

借金200万円の方が想定される借り入れの状態は次の通りです。

  • 自動車ローン70万円(返済額:月3万円)
  • 銀行のカードローン30万円(返済額:月1万円)
  • 消費者金融2社50万円・30万円(返済額月:2.5万円・1万2千円)
  • 信販会社1社20万円(1万円)

月々の返済は8万7千円にも及びます。

年収300万の人は年俸制であるならば月収は25万円。

1/3以上が借金の返済に使われる状態といえます。

実家暮らしで家賃や住宅ローンの負担がないような場合でなければ、返済するだけでもやっと…といえる状況でしょう。

借金200万円の人が返済・完済をしていくにはどうすればいいか?

それでは、借金200万円の人が借金完済をするためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

返済していくためのコツ・ポイントについて解説をしていきます。

借金完済のため最大の障害は利息と遅延損害金

「借金完済!といっても、ずっと払っているのに減っていかないのです」

そのように感じている方も多いと思います。

そこで、借金を完済するにあたって最大の障害になる利息遅延損害金についての仕組みを確認しましょう。

貸金業者からお金を借りると利息が付きます。

利息はその時の元金に年利を掛け合わせて一日後との利息を計算して、前の返済日からの日数に応じて計算されます。

たとえば、元金が30万円で30日間借り入れをして、年利が16%であった場合には、30万円×16%÷365日=約131円が一日の利息で30日分では約3,945円。

消費者金融や信販会社の借り入れについては、毎月の返済額が一定に設定されています。

もしこの契約について月10,000円の返済をしている場合、利息として受け取られる金額が3,945円、残った6,055円が元本の返済に充てられることになります。

つまり元金が15万程度ならば半分の約2,000円が利息に充てられるので、8,000円の元本を返済しています。

「毎月1万円づつ返済しているのにぜんぜん減らないなぁ…」と思っている方は、いくら元金に返済されているかをしっかり確認をしましょう。

返済の期日をすぎると、さらに高い割合で課される遅延損害金の支払いをしなければならなくなります。

夜逃げは何の解決にもならない

「自己破産なんてまっぴらゴメン…とは言え払えないものは払えない…もう夜逃げしかないかな…」

と考えていませんか?

しかし、夜逃げは何の解決にもならない事を知っておきましょう。

「夜逃げして長期間払わなければ借金も時効になるんじゃないの?」

確かに借金も5年支払わなければ時効になります。

しかし、債権者も時効になるのを防ぐために、「時効の完成猶予・更新」といった措置を講じてきます。

つまり、夜逃げした人に対する裁判を行って欠席裁判で勝訴して、時効の完成を止めるのです。

「夜逃げしているのにどうやって裁判するの?」

と感じる人もいると思いますが、民事訴訟法には「公示送達」という方法でm相手に書類が届いたことにできる制度があります。

これにより、欠席裁判が可能になっています。

実務的に夜逃げをしたくらいでは時効にかからないという状態です。

また夜逃げをするからには、住民票を移すことができません。

旧住所の住民票は一定期間不在を確認すると、役所の権限で抹消されます。

そうすると、夜逃げ先で仕事をするために、住所の確認をすることができるものがなくなってしまいます。

夜逃げ先でも生活ができないという事を知っておきましょう。

借金が200万円あると月々の利息は約3万

借金が200万円ある場合には月々の利息は約3万弱になります。

上述したとおり約8万7千円の支払いをしている場合には毎月5万円7千円程度しか返済できていません。

これくらいの額を借り入れするようになると、元金返済でできた利用可能額をすぐ引き出して生活費にあてる、他社の返済に回す、といった事が日常的になっていることもあります。

このような状態になっていると、借金返済どころか永遠に元本が減らないという状態になります。

身近に200万円の肩代わりしてくれる存在が居る場合

借金返済は利息がかかることが最大の障害です。

であればいったん、200万円を親や兄弟に肩代わりをしてもらって完済し、あらためてお金を貸してくれた親・兄弟に返済をするというのが一つの手です。

この方法で注意が必要な点として、借金生活が身についているような場合には、完済した業者から再度借り入れをしないことです。

完済するという事は貸金業者側から言えば「払える人」という認識をされることになります。

貸金業者としては借り入れ限度額を挙げたり・利率を下げたりして、再度借りやすい状態を作ってしまうことになりかねません。

おまとめローン・借り換えローン

上述した通り、借金が200万円という状態ですと、複数の貸金業者から借り入れをしている状態です。

そのような場合には、借り入れを1社にまとめる「おまとめローン」や消費者金融・信販会社の借り入れなど利息が高いものについての「借り換えローン」を利用することも一つの手です。

収入がそこまで多くない場合でも、公務員であるなどして信用が高いような場合には、おまとめローンの審査が下りることもあります。

16%程度の消費者金融の利息がおまとめローンによって6%程度にまで下がることもあります。

この場合も、返済をしてしまった業者から再度の借り入れをしないように注意をしましょう。

返済が難しい場合は債務整理も検討しましょう!

「200万円も借り入れすることができる身内なんかいない…」

「借り換えローンの審査に通らなかった」

このような場合には「債務整理」を考えましょう。

債務整理とは借金を軽くするための手続きの総称

「そもそも債務整理ってどんなものなの?」

債務整理というのは、借金を軽くしたり、免除してもらう個別の手続きの総称のことです。

個別の手続きには

  • 借金を免除してくれる「自己破産」
  • 借金を減額してもらって分割返済する「個人再生」
  • 債権者と個別に話し合う「任意整理」

があります。

どの債務整理の手続きが良いかは借金の額と収支の額のバランスで決まる

「債務整理の手続きがいくつかあるのはわかったけど、どの手続きを利用すればいいの?」

「借金いくらを超えていれば自己破産なの?」

債務整理の手続きは、弁護士・司法書士に依頼する際に、借金の額と収支のバランスなどを判断して大体の方針を決めてどれか一つの手続きをすることを前提に依頼することになります。

どのような状態になったらどの手続きかを決める法律上のきまりには、自己破産・個人再生をする際には支払不能という状態になっている事が必要だという規定があるだけです。

そのため、借金がいくらであれば、どの手続き、というような関係にはありません。

この支払不能というのは、これ以上借金の支払いはできません、という状態にあることをいいます。

借金の支払いをすることができるかは、借金の額と収入のバランス次第ですね。

そのため、借金の額と収入のバランスを見ながら手続きを決めるのです。

債務整理は弁護士・司法書士に依頼して行う

「債務整理って絶対に弁護士・司法書士に依頼しないとできないの?」

「お金もないことだし自分達で行ってしまいたいんだけど…」

債務整理は本当に専門家である弁護士・司法書士に依頼しなければならないのでしょうか。

法律的には弁護士・司法書士に依頼をしなくてもできることになっていますが、実務的には弁護士・司法書士に依頼をする事がほとんどです。

債務整理を決めても実際に貸金業者と交渉をする、自己破産・個人再生の申し立てをするまでの間にも支払義務があります。

支払を止めれば当然、電話で・書面で、督促が止まりません。

弁護士・司法書士に債務整理を依頼すると、返済をしなくても、督促を受けなくなる実務となっています。

そのため、法的なサポートを受けながら、落ち着いて債務整理ができることになっています。

弁護士・司法書士報酬は無理なく支払うことができるようになっている

「弁護士・司法書士に依頼といってもお金がかかること…私には無理…。」

いいえ、債務整理の専門家は無理なく支払えるシステムを取っています。

債務整理を依頼すると、まず返済を止めることができます。

そして、債務整理に取り組んでいる弁護士・司法書士は、報酬を分割して払うことを認めています。

つまり、

  • 月5万の返済をストップ
  • その月5万の返済分を弁護士・司法書士報酬として支払いに回す

という方法を採っているので、無理なく報酬も払えるようになっているのです。

まとめ

このページでは、借金200万円くらいの人がどうやって借金を返済するか、についてお伝えしました。

これくらいの額の借金をしていると、どうやって毎月の返済をするか、という事が生活の中心になっている方も多いです。

債務整理など借金返済を早めに行ってしまい、健全な生活を取り戻すようにしましょう。



借金問題は相談がしにくいため、自分1人だけで抱え込んでしまう方は非常に多いです。

でしが、借金問題は後回しにすればするだけ事態は悪化するだけで良い事は一つもありません。

借金問題は、専門家に相談することで思っているよりも簡単に問題を解決し新しい生活を送ることができます。

実際に、借金問題を解決した多くの人が『こんなに簡単に終わるならもっと早く相談しておけば良かった』と言います。

取り返しのつかなくなる前に、1日も早く相談を行い借金に苦しまない新しい生活をスタートしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人生を後悔しない為に1日も早い対応を
借金問題は時間がたてばたつだけ状況は悪化します。
1分で出来る借金減額シミュレーション