20代女性が借金をする理由・原因は?債務整理の種類とそれぞれのメリット・デメリットも解説

20代の若い女性は、日々の生活や友達付き合いにもお金がかかりますよね。

支出に収入が追い付かず、気づいたら借金が膨れ上がってしまった・・・という方もいるのではないでしょうか。

20代の女性は、まだまだ収入も少ないことが多いでしょうから、借金を完済するのは非常にたいへんです。

では、借金の負担を減らす方法はないのでしょうか?

借金の負担を減らすには、「債務整理」をすることがおすすめです。

この記事では、債務整理の方法や、それぞれの方法についてのメリットや注意点などについて詳しく解説します。
また、大切なことなので結論から先にお伝えします。

借金問題は時間との勝負で、後回しにすればするだけ状況は悪くなり取り返しがつかない状況まで追い込まれてしまう方も少なくはありません。

現実的に、100万円近い金額、100万円を超える金額を自力で返済出来る方はごく僅かです。

元金は全く減らないまま利息だけを5年も6年も支払い続けている人。

闇金にまで手を出し家族や大切な人もを巻き込んで全てを失ってしまう人もいるのが現実です。

返済がキツイと思ったら今すぐに行動を起こすべきです。

手遅れになる前に、1日でも1分でも早い段階で専門家に相談をすることをおすすめします。

専門家は匿名・無料で使えるシミュレーションサイトの利用が便利で簡単です。

それでは本文の解説を進めていきます。

20代女性の借金の原因はどんなものが多い?

20代女性はどのような理由で借金を作ってしまうことが多いのでしょうか?その主要な原因について見ていきましょう。

ショッピング時のリボ払い

街での買い物やインターネットショッピングで、クレジットカード決済をしようとしたけれど、口座の残高が足りない!

そんなとき、ついついリボ払いを使って高価なものを買ってしまったという経験はないでしょうか?

たしかにリボ払いを使えば、その場ではほしいものが買えるのですが、後から立て替えてもらった代金を払わなければなりません。

つまり、リボ払いは実質的に借金をしているのと同じなのです。

しかも、リボ払いは手数料が非常に高いため、ふつうに買い物をするよりも、最終的に高い金額を支払うことになってしまいます。

このように、リボ払いによる買い物にはまってしまうと、借金が膨らんでしまう非常に大きなリスクとなってしまいます。

ホストクラブ等での夜遊び

20代女性がホストクラブにはまって借金を作ってしまった、という話もしばしば耳にする典型例です。

ホストクラブでは、ひいきにしているホストに売り上げを稼がせてあげるために、法外な値段のお酒などを立て続けに注文するなどの行為が日常的に行われています。

こうした空間に身を置いていると、金銭感覚がマヒしてしまいますよね。

また、ホストから頼りにされている、好かれているという錯覚にとらわれてしまい、際限なくお金を使ってしまいます。

その結果、自分の収入では返済のしようがないほどの巨額の借金を作ってしまうという例が多く見られます。

友達との交際費

友達付き合いが好きな人にとっては、友達との交際費も家計を圧迫する要因になり得ます。

特にたくさん旅行に誘われたり、週に何度も飲み会に行ったりしていると、非常にハイペースでお金を使ってしまがちです。

その結果、生活費が不足する事態となってしまい、最終的には借金に頼ることになります。

そうすると、借金の利息もどんどん増えていってします。

月々の出費は一向に減らず、収支が赤字となり、さらに借金を重ねてしまうことになります。こうなってしまっては、もはや借金を完済することは不可能でしょう。

美容代

20代女性にとって、美容代をどう捻出するかは重要なテーマですよね。

ファッション誌や周囲の人から影響を受けて「もっときれいになりたい!」という欲求が膨らんでしまうと、同時に美容代もかさんでしまいます。

化粧品代ももちろん高額になり得ますが、さらに借金の原因になりやすいのは美容整形の費用でしょう。

美容整形は保険が利かないため、施術の費用が非常に高額になりがちです。

しかも、継続的に複数回の施術を受けることが必要なことも多く、どんどん出費がかさんでしまい、気づいたら借金が膨れ上がってしまうということもあります。

奨学金の返済

20代のうちは、まだまだ学生時代の奨学金の返済が残っているという人も多いのではないでしょうか。

毎月の収入から着実に返済ができているならば問題ありません。

しかし、収入が十分でない場合には、滞納してしまったり、元本がなかなか減らなかったりすることもあるでしょう。

そうなると、返済を重荷に感じるようになってしまいます。

車のローン

車のローンについても、借入金額が大きくなるため、重い返済負担につながります。

当初は返せると思っていた金額でも、返済の途中で収入が減ってしまったり、他にも借金を抱えてしまったりすると、車のローンの返済もじわじわとのしかかってきてしまいます。

その借金、本当に返せますか?3つの危険なシグナル

「今は借金があるけれど、いつかは返せるだろう」と考えていませんか。

自分はそう思っていたとしても、客観的に見れば、実は既に返済不能の状態に陥ってしまっているかもしれません。

借金の返済が困難となってしまう3つの危険なシグナルについて説明します。

月々の収支が赤字

月々の収支が赤字の場合、全く貯蓄をすることができません。

また、不足分の生活費や借金返済費用を捻出するために、さらに借金をしなければならないという状況になってしまいます。

借金を返すためにさらに借金をする

借金を返すためにさらに借金をしているような状況では、借金の元本は一向に減っていきません。

また、多重債務状態でさらに借り入れをする場合には利息が非常に高額になる傾向にありますの。

したがって、借りれば借りるほどにどんどん借り入れ条件が悪くなり、返済の難易度が上がっていってしまいます。

仕事の収入が不安定

仕事の収入が不安定の場合、たとえ今は借金を返せていても、ある時いきなり収入が減って、月々の収支が赤字になってしまう場合があります。

そして、赤字の状態が長く続くと、借金に借金を重ねて多重債務状態に陥ってしまう危険性があります。

債務整理をするまえに検討すべきこと

返済不能の危険シグナルが出てしまっている場合、どのようにして借金を返済していけば良いのでしょうか。

後で説明するように、債務整理を行うという方法もあります。

しかし、債務整理にはデメリットもあります。

また、そもそもは自分が借りたお金ですので、しっかりと返済するというのがまず考えるべきことになります。

生活費を抑える

まずは、生活費を抑えて月々の支出を減らすことにより、借金返済費用を捻出できないかを検討しましょう。

たとえば引越しをしたり、実家に住んだりして、月々の固定費として大きな負担となる家賃を抑えることは非常に有効です。

また、友達付き合いの中のその場の流れで糸目をつけずに使ってしまいがちなのが交際費です。

自分が月々にどのくらいの交際費を使っているか記録して、意識的に出費を抑えるようにしましょう。

両親にお願いして一括返済してもらう

消費者金融などから借金をしている場合、利息の負担があまりにも重く、元本がなかなか減っていかないということが大きな問題になりがちです。

そこで、可能であれば両親に対して、借金を肩代わりしてもらうことをお願いするというのも一つの方法です。

両親が借金を肩代わりして返済してくれた場合、それ以降は両親に対してお金を返していくのです。

両親であれば、利息については無料か、低い利率でお金を貸してくれるというケースもあるかと思います。

そうなれば、消費者金融に対して借金を返済し続けるよりも、はるかに返済負担は軽減されます。

債務整理により、借金の負担を減らして再スタート

上記の方法によっても、どうしても借金を返せないという場合には、「債務整理」を行って借金の負担を減らす方法があります。債務整理をすれば、債務者は借金の額を減らしたり、返済期限を猶予してもらったりすることができます。

債務整理、①任意整理、②個人再生、③破産の3つの方法に大きく分類されます。

それぞれの手続きが持つメリットとデメリットについて、以下で説明します。

任意整理とは?

任意整理とは、法的・公的な手続きによらず、債権者との間で交渉をすることにより、債務の減免や返済猶予を取り決める方法です。

任意整理を行う際には、通常は弁護士や司法書士に依頼をすることになります。

そして、弁護士や司法書士が依頼者の代理人として債権者と交渉を行います。

新たな返済条件が合意された場合、それに基づいて、債務者は引き続き借金を返済していくことになります。

20代女性が任意整理をするメリット

20代女性が任意整理をするメリットは以下のとおりです。

  1. 手続きが比較的簡単

任意整理には裁判所が関与しないため、他の手続きでは要求される形式上の作業が発生せず、より簡単な手続きで済みます。

裁判所に提出するための複雑な書類などを準備する必要がないこともメリットの一つです。

  1. 合意内容を柔軟に決められる

任意整理においては、当事者がその後の返済内容について、合意により自由に決めることができます。

そのため、他の手続きよりもより柔軟な解決方法を模索することができます。

  1. 手元に資産を残しておくことができる

他の法的手続きにおいては、債務者の資産については、一部を除き処分した上で債務の減免等が行われるのが原則です。

これに対して、任意整理の場合には、資産を手元に残したまま債務整理を行うことが可能です。

  1. 当事者間のみで内々に解決できる

任意整理においては、原則として第三者に任意整理を行った事実が知られることもありませんので、当事者間のみでの解決が可能です。

20代女性が借金をしている場合には、両親や交際相手などに借金の事実を知られたくない場合もあるでしょう。

そのような場合には、任意整理の方法を選択することが得策となります。

但し、信用情報機関に任意整理の事実が登録され、借入が5年間程度制限さるということに注意が必要です。

20代女性が任意整理をする際の注意点

一方、20代女性が任意整理をする際に注意すべきことは以下のとおりです。

  1. 債権者の同意が必要

任意整理はあくまで当事者間での交渉・合意ベースでの手続きです。

そのため、債権者から新たな返済条件についての同意が得られなければ、任意整理による借金の減免等は成立しません。

債務者側の希望と債権者側の主張が大きく離れている場合には、合意に至ることは困難です。

また、そもそも債権者が任意整理の交渉に全く応じてくれないという可能性もあります。

任意整理について債権者の同意が得られない場合には、法的整理の手続きについて検討していくことになります。

 

  1. 債権者が複数の場合は個別の交渉が必要

任意整理は、弁済条件の緩和に合意してくれた債権者との間でのみ成立します。

よって、債権者が複数いる場合には、各債権者と個別に交渉する必要があります。

多重債務状態で何社からも借金をしている場合、任意整理に要する手間は増えてしまいます。

返済条件に同意してくれるかどうかについても債権者毎の判断によります。

そのため、ある債権者との間では任意整理が成立しても、他の債権者との間では成立しない、ということもあります。

その場合、返済負担の抜本的な改善にはつながらない可能性があります。

個人再生とは?

個人再生とは、民事再生法という法律に基づき、裁判所を通じて、原則として債権者の多数決により債務の減免や返済猶予を行う方法です。

裁判所に対して個人再生手続開始の申立てを行う必要があります。

通常は弁護士や司法書士に書類の作成及び代理人への就任を依頼することになります。

20代女性が個人再生をするメリット

20代女性が個人再生をするメリットは以下のとおりです。

  1. 一括での債務の整理が可能

個人再生の手続きでは、全債権者との間で一括して債務の減免・支払猶予が行われます。

そのため、各債権者との個別の交渉をする必要がなく、一回の手続きで抜本的な債務の整理を行うことが可能です。

また、個人再生の手続きにおいては、一部の債権者が再生計画に同意しない場合であっても手続きを進めることができます。

再生計画案に対して異議を述べた債権者が頭数で半数未満、かつ債権額で半分以下であれば、手続きを進めることができるのです。

したがって、多重債務で何社からも借金を重ねてしまっているような場合には、個人再生手続きを利用する方が、任意整理の場合よりも抜本的な返済負担の軽減につながる可能性が高いでしょう。

 

  1. 住宅や車などを手元に残しておける場合がある

裁判所が関与する法的な債務整理の手続きにおいては、債務者の資産はすべて換価して債権者に分配されるのが原則です。

しかし、個人再生においては、再生計画の内容次第で、住宅や車などの資産を手元に残しておくことが認められる場合があります。

20代女性の場合、住宅や車などの大きな資産は持っていないというケースも多いかと思います。

しかし、もしこれらの資産を持っている場合には、個人再生の手続きを検討する価値があるでしょう。

 

  1. 強制執行が停止する

個人再生手続開始の決定がなされると、債権者から債務者への強制執行が禁止されます。

また、決定前の申立段階でも、裁判所の裁量により強制執行禁止の命令が出される場合があります。

20代女性の場合、債権者からの取り立ての電話やメールが相次げば、日常生活において非常に大きなストレスになってしまうでしょう。

強制執行が停止すれば、債権者としては、手続きが進行している間に取り立てを行うメリットがなくなります。

そうなれば、こうした取り立てはやむ可能性が高いです。

このように取り立てのストレスから解放されることは大きなメリットと言えます。

個人再生のデメリット

一方で、20代女性が個人再生をする際に注意すべきことは以下のとおりです。

  1. 借金が全額免除されるわけではない

個人再生では、破産の場合とは異なり、債務の全額が免除されるわけではありません。

債務全体の金額にもよりますが、おおむね5分の1の債務は引き続き残り、債務整理後も返済を継続しなければなりません。

したがって、債務の金額が大きすぎる場合には、依然として重い返済負担が残ってしまう可能性があります。

 

  1. 将来反復継続して収入を得る見込みがある場合のみ利用可能

個人再生手続開始の要件として、「将来において継続的に又は反復して収入を得る見込み」があることが必要です。

したがって、安定した収入が見込めない場合には、個人再生の手続きを利用することはできません。

たとえば、アルバイトを転々としていて収入が不安定であるような場合には、個人再生の手続きの利用が認められない可能性があります。

 

  1. 住所・氏名が官報に掲載される

個人再生手続が開始した場合、官報(国発行の機関紙)に氏名と住所が掲載されます。

官報自体を日常的に読んでいるという人はあまりいないと思いますが、国の公的な発行紙に名前が載るということになりますので、債務整理を行った事実が第三者に知れてしまう可能性があります。

20代女性の場合、たとえば両親や交際相手に借金の事実を知られたくないと考えている場合、官報から個人再生の事実が発覚してしまうことも(あまり可能性は高くないと思いますが)考えられます。

破産とは?

破産、というと悪いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、破産についても債務整理の方法の一つです。

破産では、破産法という法律に基づき、裁判所が関与する法的な手続きに則って、主に債務の免除により債務者を返済の負担から解放します。

20代女性が破産をするメリット

20代女性が破産をするメリットは、以下のとおりです。

  1. 原則として債務の全額が免責される

破産手続においては、裁判所の免責決定により、原則として債務の全てが免責されることになります。

したがって、破産手続は全債務整理手続きの中で最も強力な手続きと言えます。

借金がかなり大きな金額に及んでしまった場合などには、破産手続きの利用が第一候補となるでしょう。

但し、税金を納める債務や、浪費により作ってしまった債務などは、例外として免責されないということに注意が必要です。

 

  1. 強制執行が停止する

破産手続においても、個人再生手続と同様に、開始決定後はすべての強制執行が禁止されます。

また、決定前の申立段階においても、裁判所の裁量により強制執行禁止の命令が出る場合があります。

20代女性にとっては、取り立てのストレスから解放される大きなメリットがあります。

20代女性が破産をする際の注意点

一方で、20代女性が破産をする際に注意すべきことは以下のとおりです。

  1. ごく一部を除いて資産がすべて処分される

破産手続においては、生活に最低限必要と認められる金銭等の一部の例外を除いて、債務者の所有する資産はすべて換価処分され、債権者に対して分配されます。

したがって、もし20代女性が家や車を持っていて、それらを手元に残しておきたいと考える場合には、破産手続き以外の方法を考える必要があります。

 

  1. 住所・氏名が官報に掲載される

個人再生の場合と同様、破産手続が開始した場合、官報(国発行の機関紙)に氏名と住所が掲載されます。

したがって、第三者に破産手続開始の事実を知られてしまう可能性があります。

 

  1. 破産手続期間中は一定の職業に就けなくなる

破産手続が開始すると、債務者は一定の資格職や警備員などの職種に就くことができなくなります。このことを破産者の「資格制限」と言います。

もし20代女性がこれらの職業に就いていた場合には、破産手続きが開始してしまうと、職を失う結果となってしまいます。

なお、資格制限は、破産手続の最後に免責の決定がなされるまで継続します。

自己破産した場合、その後どうやって生活していけば良いの?

自己破産した場合、原則として債務者の資産が処分されてしまいます。

そのため、その後どのように生活していけば良いのか、不安に思う方もいらっしゃるかと思います。

しかし、破産手続きを行う場合でも、生活に必要な最低限のお金などは手元に残すことができます。

また、破産手続開始決定後に得た収入などは、破産手続きによる換価処分の対象外ですので、これも手元に残しておくことができます。

さらに、これまでとは違って借金を返済する必要がなくなります。

したがって、安定した収入さえあれば、財務状況は破産前と比べてはるかに改善します。

収入がない、または少ない場合には、生活保護を受けるなどの方法もあります。

このように、自己破産をした場合でも、その後生活していくための収入を得る手段はしっかりありますので、不安を覚える必要はないでしょう。

まずは弁護士や司法書士に相談

債務整理を検討する際には、債務整理の経験が豊富な弁護士または司法書士に相談することをおすすめします。

これまで説明したように、債務整理を行うには、債権者との交渉や、裁判所に提出する書類の準備などを行う必要があります。

しかし、これらの準備には専門的知識が必要ですし、手間もかかります。

したがって、一般の方が自分でこれを行うのは事実上不可能と言えます。

弁護士や司法書士に相談・依頼をすれば、これらの必要な作業についてはすべて代行してくれます。

また、どの債務整理手続きを利用したら良いかということも含めて、債務者にとって最も良い解決方法は何かということについてアドバイスをしてもらうことができます。

依頼費用が払えないときは法テラスを利用しよう

とはいえ、債務整理を検討するような状況では、弁護士や司法書士に対する依頼費用が払えないという場合も多いかと思います。

そのような場合には、「法テラス」に相談するのが良いでしょう。

法テラスでは、依頼者の財務状況に応じて、弁護士や司法書士への依頼費用を立て替えるサービスを提供しています。

立て替えてもらった費用は、依頼終了後に分割払いで返済していくことになりますが、一定の場合には返済の免除を受けられることがあります。

また、法テラスでは弁護士や司法書士を紹介してもらうこともできますので、債務整理に関する相談の入り口として利用するのも良いでしょう。

借金を債務整理で減らした20代女性の体験談を紹介

借金を債務整理によって減らすことに成功した20代女性の体験談を一つ紹介します。

 

私はもともと奨学金を借りていて、毎月2万円ずつ返済をしていました。

しかし、ようやくあと100万円となったところでホストクラブにはまってしまいました。

消費者金融から追加で借金をしてしまい、借金の総額が一気に400万円、月々の返済額が毎月8万円にまで膨れ上がってしまいました。

借金を返済するために別のところから借金をする日々で、元本は減るどころかどんどん増えていきました。

私は、このままではだめだと思って、法テラスに相談に行きました。

法テラスでは、債務整理に強い弁護士を紹介してもらえました。

弁護士の方は、私の借金の金額の多さを見て、任意整理は難しいので、破産を選択するよう助言してくれました。

破産には良くないイメージがあったので、最初に聞いたときは不安に思いました。

しかし、弁護士の方は破産のメリットや、破産した後もちゃんと生活していけるということを説明してくれました。

そのため、私は安心して、弁護士の方に破産手続きを進めていただくことを依頼しました。

破産手続きは順調に進み、最終的にはすべての借金を免除してもらうことができました。

借金がなくなった後は、ホストクラブ通いもやめて、コツコツと貯金をすることができています。

まとめ

20代女性にとって、借金の返済への道のりは想像以上に遠いものです。

万が一借金を作ってしまった場合には、この記事で解説した任意整理、個人再生、破産といった債務整理手続きについて、弁護士や司法書士に相談しましょう。

それぞれの手続きごとのメリットと注意点を踏まえたうえで適切に使い分けることにより、借金の返済負担を軽減することができますよ。

 



借金問題は相談がしにくいため、自分1人だけで抱え込んでしまう方は非常に多いです。

でしが、借金問題は後回しにすればするだけ事態は悪化するだけで良い事は一つもありません。

借金問題は、専門家に相談することで思っているよりも簡単に問題を解決し新しい生活を送ることができます。

実際に、借金問題を解決した多くの人が『こんなに簡単に終わるならもっと早く相談しておけば良かった』と言います。

取り返しのつかなくなる前に、1日も早く相談を行い借金に苦しまない新しい生活をスタートしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人生を後悔しない為に1日も早い対応を
借金問題は時間がたてばたつだけ状況は悪化します。
1分で出来る借金減額シミュレーション