借金に苦しむ30代女性の債務整理には特徴がある?既婚・未婚で変わる傾向と対策

「いつのまにか借金が増えてしまって…こんなので結婚できるのかなぁ…」

「こんなに借金があるなんて夫に知れたら離婚だ…」

30代女性が借金を抱えてしまった時には、返せないという事悩むのは当然です。

しかしそれ以上に以上に、家族や周り、結婚などとの関係がどうなってしまうのか?といった事など、たくさんの悩み事を抱えることになります。

「こんなことで借金するなんて私だけ?」

「他の人はどうしているの?」

実際に債務整理をしたとしても回りにそれを伝えづらいものです。

このページでは30代女性の債務整理についてお伝えします。
また、大切なことなので結論から先にお伝えします。

借金問題は時間との勝負で、後回しにすればするだけ状況は悪くなり取り返しがつかない状況まで追い込まれてしまう方も少なくはありません。

現実的に、100万円近い金額、100万円を超える金額を自力で返済出来る方はごく僅かです。

元金は全く減らないまま利息だけを5年も6年も支払い続けている人。

闇金にまで手を出し家族や大切な人もを巻き込んで全てを失ってしまう人もいるのが現実です。

返済がキツイと思ったら今すぐに行動を起こすべきです。

手遅れになる前に、1日でも1分でも早い段階で専門家に相談をすることをおすすめします。

専門家は匿名・無料で使えるシミュレーションサイトの利用が便利で簡単です。

それでは本文の解説を進めていきます。

そもそもどうして30代女性が債務整理に追い込まれてしまうのか

「30代の女性ってどうして借金を抱える事になってしまうの?」

多くの30代女性が借金を抱えてしまうときの原因…あなたは心当たりないですか?

実は独身・既婚でその原因が違う場合があるため、見てみましょう。

独身の30代女性の場合

まず、独身の30代女性はどのような原因で借金をすることになるのでしょうか。

収入が多くない

男女平等が叫ばれる世界ですが、やはりそうはいかないもの。

女性は非正規社員であることが多かったり、管理職登用が難しいなどが原因で、男性に比べると収入が低いといます。

ただ、これだけで借金をするというわけではないですね。

「結婚したら旦那様に養ってもらおう」と貯金をしないような方も少なくありません。

そのため、後述するような出費がかさみ、借金を始めることも多いのです。

ショッピング・エステなど使いすぎる

30代になってくると、ファッション雑誌・インターネットコンテンツなどで目にするものも、20代の頃と違ってきます。

ファッション・小物・コスメグッズなども、より上質なものが掲載されていたりすることが多くなります。

「ついつい欲しくなって…」

「最初は試すだけだったけど、すごく良くて病みつきに…」

「同級生が使っていて見栄を張っちゃって…」

様々なきっかけで収入に見合わない借金をしてしまう事になりがちなのです。

飲み会などへの参加が多い

独身の30代女性の中にはやはり結婚に向けての焦る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

職種によっては社外の人との飲み会などのアクティビティがあったり、趣味・友人関係でこういったものへの参加を増やすこともありますね。

「週に◯回くらいまでにしとく…」と思っていても、付き合いが増えるとどうしてもお金が無い中の不本意な参加もせざるを得ません。

手持ちが足りないなぁと思う時にはついついカードで…と借金を作ってしまうという事も珍しくありません。

既婚の30代女性の場合

では既婚の場合の30代女性が借金を抱えるのはどのような事情からでしょうか。

夫の収入が無くなった

まず、夫の収入が無くなってしまったような場合に借金をすることがあります。

夫婦の男性が収入が無くなる・減るような場合、家計の世帯での収支に大きく影響することも。

専業主婦をしていたような場合には、すぐに再就職先がみつかるかどうかがまず問題となります。

また、再就職先が見つかったとしても、夫ほどの収入を確保できるかどうかという問題もありますね。

すぐに再就職先を見つけるために派遣社員やパートを選ばざるを得なかった…という事もあるでしょう。

生活費が足りず、夫・妻それぞれの名義でお金を借りる事があります。

自分の収入が無くなった

夫婦共働きであるような場合には、妻の収入が無くなるケースも検討しておくべきです。

派遣社員やパート・アルバイトなどの非正規社員として働いているときには、雇止めなでで失職しやすいといえます。

子育てと共働きのストレスから体調を崩したりすることもしばしば。

さらには、妊娠・出産・育児で働けなるケースも考えなくてはなりません。

このような場合に、特に夫婦共働きであることを前提に住宅ローンを組んでいる場合には、住宅ローンの返済に困る事になって借金をすることがあります。

パチンコなどのギャンブルにハマってしまった

最後に、特に専業主婦や週3程度のパートをしている30代主婦が借金をつくる原因として、パチンコがあります。

「パチンコなんてオジサンとかギャンブラーしかいかないでしょ?」

実は昨今、人気のテレビドラマやアニメなどの企画を主題としたパチンコ台が導入されることが多く、パチンコを始めるきっかけは非常に多いといえるのです。

パチンコは一度での勝ちの量や負けの量がそこまで大きいものではないのです。

そのため、ちょっとした好奇心から初めてみるようなことが。

その後、いわゆるビギナーズラックで大当たりを経験したりするうちに、その興奮が忘れられなくなります。

その結果「負けた分を取り戻すまでは…」となってしまう頃に借金をしてでもパチンコをするように。

当然パチンコで負けたものを夫に相談をすることができず、悩んでしまうということになるのです。

30代女性の債務整理に適切な方法は?3つの債務整理について知りましょう!

「30代女性の借金の原因がわかった」

「私と同じで安心した…債務整理をしよう!」

では30代女性の債務整理として適切な方法はどのような方法なのでしょうか。

債務整理の基本的方針はどうやって決めているのか

まずそもそも債務整理の基本方針はどのようにして決めているのでしょうか。

債務整理とは

そもそも債務整理というのはどのようなものなのでしょうか。

債務整理とは借金返済に困ったときに法律的な手段でなんとかしよう!というものです。

任意整理・自己破産・個人再生という借金を楽にすることができる手続きを利用して、返済を免除してもらったり、軽くしてもらいます。

どの手続きを選ぶかは法律で細かく決まっているわけではない

上記の主に3つの手段のうちの一つを利用して、借金苦から免れようとするものです。

どの手続きを利用するかはどうやって決まるのでしょうか。

「法律でいくら借金があったらどの手続きを使うって決まっている?」

自己破産手続きや個人再生手続きにおいて、根拠となる破産法や民事再生法には「支払不能」という状態であれば手続きができる旨の規定があります。

この場合でも借金がいくらであれば、収入がいくらを下回れば、支払不能となるとする規定はありません。

債務整理の方針は借金の総額と収支の状況から総合的に判断して決めることになります。

総合的な判断の中で、30代女性に特徴的な債務整理方法について見てみましょう。

奨学金がある場合には連帯保証人に注意

学歴社会である日本では、大学・専門学校を卒業していることが一般的です。

お金に余裕の無い方は奨学金を使わざるを得ません。

30代女性ですと、まだこの奨学金の返済が終わっていない、という方も多いでしょう。

自己破産や個人再生を利用すると、すべての債権者に手続きに従ってもらう必要があります。

そうなると当然に奨学金も手続きの対象に。

奨学金には半額を連帯保証していることになっています。

そのため、奨学金の債務整理を行うと、連帯保証人に請求が行くことになります。

親と同居をしており知られたくない、迷惑をかけられない、というのであれば、任意整理を利用するようにして、奨学金を外して債務整理をすることができるかを検討しましょう。

収入が少ないのであればなるべく自己破産を

債務整理の方法である任意整理・個人再生は、借金の額・収支の額にもよりますが、3年程度は返済を続けるものになります。

返済ができなくなると、残った金額を一括で請求されることになってしまい、さらなる借金苦に。

収入が少なく、返済するための金額が少ないような場合には、自己破産を利用して、借金から免れてしまって、経済的なやり直しをするのが確実な解決になります。

住宅ローンの債務者になっている場合には個人再生

上述した通り、住宅ローン・ペアローンなどを利用している場合で返済ができない場合があります。

この場合には、その債権について債務整理をすると、抵当権という権利を実行されて、住宅が競売にかかる恐れがあります。

任意整理で支払いができる場合には任意整理を利用してもよいです。

ただ、任意整理での支払いをするためには家計がギリギリであるというような場合には、個人再生を利用すると、住宅を維持したまま債務整理をすることができます。

ショッピングで買ったものの取り扱いに注意

30代女性の借金の原因としては、ショッピング利用をしていることが多い事を上述しました。

このとき、エステのように手元に物が残っていないものではなく、ブランド物のショッピングのように手元に物が残っている場合には、債務整理の際に注意しましょう。

「ブランドバックだから、質屋・中古品買取業者に売却すれば生活費の足しにできそう!」

このような発想は非常に危険なのです。

というのも、ショッピングのような場合には手元にあるものについては自分の物であるとともに、分割ローンが終わるまでは債権者の物でもあるとされています。

そして債権者にこの物を引き渡した上で債権者はこれを売却して、手に入れたお金で残債務の支払いをすることができるようになっています。

にもかかわらず、勝手に売却を行うと、自己破産をするような場合に調査が入るなどして問題になることに。

中古品や不用品業者に買い取ってもらって価値がある可能性があるものは安易に処分しないようにしましょう。

ホストクラブのツケ払いをしているような場合には必ず弁護士に入ってもらう

30代女性で借金苦に陥る人の中には、ホストクラブにハマってしまうというパターンがあります。

この時には、昨今のホストクラブはいわゆる「ツケ払い」を認めているようなところがあり、ツケ払いの支払いができなくなるという事もあります。

この場合なのですが、司法書士ではなく弁護士に依頼をするほうが良いといえます。

というのも、よく弁護士・司法書士に依頼をすると、借金の返済をストップすることができ、督促を受けなくなるという説明を受けます。

ただ、これらはあくまで貸金業者(消費者金融・信販会社・銀行)に対してだけであって、ホストクラブの場合だけです。

債務整理を始めたからといって督促をやめてくれるわけではありません。

中には債権回収を強引に行うために自宅や職場にまでやってくることもあったり、性風俗業への従事を迫ってくるなど、トラブルになることがあります。

トラブルになった場合に備えて、債務整理のみを行うことができる司法書士ではなく、ありとあらゆる手を打つことができる弁護士に依頼をするようにしましょう。

まとめ

このページでは、30代女性の債務整理について、借金の原因などを含めてお伝えしてきました。

手続についての疑問点はその人が置かれている状況によって異なるので、まずは専門家に相談をするのが望ましいといえるでしょう。



借金問題は相談がしにくいため、自分1人だけで抱え込んでしまう方は非常に多いです。

でしが、借金問題は後回しにすればするだけ事態は悪化するだけで良い事は一つもありません。

借金問題は、専門家に相談することで思っているよりも簡単に問題を解決し新しい生活を送ることができます。

実際に、借金問題を解決した多くの人が『こんなに簡単に終わるならもっと早く相談しておけば良かった』と言います。

取り返しのつかなくなる前に、1日も早く相談を行い借金に苦しまない新しい生活をスタートしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人生を後悔しない為に1日も早い対応を
借金問題は時間がたてばたつだけ状況は悪化します。
1分で出来る借金減額シミュレーション