保育士が債務整理をすると仕事が出来なくなる?家族や保育園にばれない方法は?債務整理の種類やメリット・デメリットも解説

「保育士をやっているんだけど借金返済が難しくなった…」

「債務整理とかやると保育士続けられないんじゃない?」

「園に知られて園長や園児・保護者に知られてしまわない?」

債務整理をする際に自分のやっている仕事が続けられるかどうか、心配になります。

結論から言うと保育士の方が心配するような事はまず発生しませんので、安心して債務整理の相談をしましょう。

このページでは保育士が債務整理をする時の注意点などについてお伝えします。
また、大切なことなので結論から先にお伝えします。

借金問題は時間との勝負で、後回しにすればするだけ状況は悪くなり取り返しがつかない状況まで追い込まれてしまう方も少なくはありません。

現実的に、100万円近い金額、100万円を超える金額を自力で返済出来る方はごく僅かです。

元金は全く減らないまま利息だけを5年も6年も支払い続けている人。

闇金にまで手を出し家族や大切な人もを巻き込んで全てを失ってしまう人もいるのが現実です。

返済がキツイと思ったら今すぐに行動を起こすべきです。

手遅れになる前に、1日でも1分でも早い段階で専門家に相談をすることをおすすめします。

専門家は匿名・無料で使えるシミュレーションサイトの利用が便利で簡単です。

それでは本文の解説を進めていきます。

保育士が債務整理をしても仕事を辞める必要はありません

「ホームページをみていると、いくつかの仕事をしている人は債務整理をすると仕事ができなくなるみたいな事を書いているんだけど…」

確かに一部の仕事において債務整理の方法次第では影響することになります。

しかし、保育士が債務整理をする際には、どのような手続きをする場合でも影響がないので安心して債務整理を検討しましょう。

保育士が債務整理を行う際の注意点

「わかりました。ただ、そもそも債務整理というものが何をしてくれるかのイメージがつかないんです。」

まずは債務整理というのはどのようなものかを確認しましょう。

債務整理というのは任意整理・自己破産・個人再生などのいずれかの手続きを利用して借金生活からの脱出をはかるものです。

任意整理とは

任意整理とは、債権者と個別に借金の返済について話し合った上で、返済を軽くしてもらう手続きです。

後者の自己破産・個人再生は法律の規定にのっとって裁判所を通じて強制的に借金を軽くしてもらうものなのですが、任意整理は個別に交渉することを本質としています。

そのため、債権者がこれに応じるかどうかも自由となっており、ごく少数派なのですが債務整理に非協力的な会社は、借金を軽くすることを嫌がる傾向にあります。

しかし、街の看板やCMなどでよく見る会社であれば問題なく任意整理に応じるのが一般的です。

標準的な債務整理は、借金の元金を3年(36回)で分割返済をして、利息や遅延損害金をカットしてもらうことになります。

自己破産とは

自己破産手続きとは、財産を清算した上で借金返済を免除してくれる手続きです。

裁判所に申し立てをして行う手続きで、すべての債権者が対象になります。

養育費や税金など一部の債権については免責されません。

借金についてはすべてチャラにしてもらえるという点で一番強力に借金からやりなおせる手続きであるといえます。

個人再生とは

個人再生手続きとは、裁判所に申し立てをして、借金を減らしてもらった上で分割返済をしていく手続きです。

任意整理は利用できないような場合で自己破産手続きの利用によって生活に影響するような場合に利用します。

具体的には、住宅ローンを利用して住宅を購入したような場合には、自己破産手続きでは住宅を失うことになるのです。

また、保育士は関係ないのですが、宅建士や警備士といった職業では職業制限を受けます。

このような事情がある場合個人再生を利用すれば不都合は避けることができます。

家族や保育園に内緒で債務整理をすすめるには

「債務整理をしている事実を家族や園などに知られる恐れはないですか?」

保育士の方が債務整理をする上で一番心配なのがこの点ですね。

家族や保育園に内緒で債務整理をすすめるコツを知りましょう。

自己破産・個人再生の官報掲載は気にする必要はない

「自己破産・個人再生すると国が出している何かに載るからバレますよね!?」

このような心配をされている方もいらっしゃいます。

確かに自己破産・個人再生をすると官報という国が出している刊行誌に掲載されます。

官報には成立した法律などの公布や、会社の決算や合併などの公告、相続人が居ない場合の相続人を探すための公告など、法律で定められた手続きのために利用されます。

官報はだれでも購入することができる他、デジタル化されているものを閲覧することはできるものです。

しかし、現実に毎回これを購入したり、デジタル化されたものを閲覧するために有料で申し込んでまで閲覧する人はいません。

官報に掲載されたことが原因で家族・職場に知られる恐れはないと言ってよいでしょう。

奨学金がある場合には要注意

保育士になるための大学・専門学校の卒業のために奨学金の借り入れをする方がたくさんいます。

奨学金は親などの家族が連帯保証人になっています。

自己破産・個人再生をすると奨学金も手続きの対象にせざるをえません。

そうすると連帯保証人となっている家族には知られてしまうことになります。

任意整理をすれば奨学金は債務整理の対象に含めないという事も可能になります。

裁判を起こされるのが家族・職場に知られる最大の原因になる

「どんな事が起こると家族とか職場にバレちゃうんだろう?」

そのうちの一つが裁判を起こされることで発生します。

まず、返済ができなくなって長期間滞納をすると、貸金業者は当然裁判を起こしてきます。

裁判を起こされると、自宅に「特別送達郵便」という書留が届くのですが、その宛名は裁判所です。

書留ですのでポストに投函というわけにはいきません。

家に誰かがいれば、郵便局員が「裁判所からお届け物です」と対応をすることになります。

これによって借金をしているのがわかってしまいます。

さらに裁判が確定すると、貸金業者は給料を差し押さえにきます。

給料を差し押さえる際には、給料を払う保育園や会社に給料を差し押さえる旨の通知を、裁判所から行うことに。

そうなると、保育園・会社に借金を差し押さえられたと知れてしまうのです。

家族や職場に知られるだけではなく多大な迷惑をかけるヤミ金融への借り入れ

「借金が大きくなりすぎて借りられるところはもうない…今さえ凌げれば…ヤミ金融に借りてなんとかならないだろうか。」

このように考える人もいますが、これは最悪の事態を招くことを知っておいてください。

ヤミ金融から借り入れをする際には、家族や職場といった情報は通常の貸金業者と同様に聞かれることになります。

ヤミ金融に返済ができなくなると、家族や職場に対する一斉攻撃が始まることに。

常軌を逸した取り立てやFAX・デリバリーサービスの注文などを一斉に注文するなどの嫌がらせがやまなくなります。

「それは支払わないからであって返済をすればいいじゃない?」

しかし、ヤミ金融は返済期日に指定する口座などを伝えてくるのですが、指定日に連絡がとれなくなって返済ができないことがあります。

落ち度はないのですが、それでも「遅延した」、と法外な金額での貸付を行うようになり、

完済ができずに永遠と支払い続ける状態になる事もよくあります。

保育園や家族に迷惑を掛けたくなければヤミ金融から借りることは絶対にしてはいけません。

早めに借金相談すれば家族・職場にバレない

債務整理は借金がどれくらいあるか、返済能力がどれくらいあるかの総合判断で手続きが決定されます。

借金の額が少なければ少ないほど、とることができる方法の数も多いといえます。

保育士に限らず、債務整理をするにあたって家族・職場に知られたくないような場合には、早めに借金相談をすることが重要といえるでしょう。

債務整理をせずに借金を放置しておく場合のリスク

「債務整理が良いのはよくわかりましたが、なかなか借金問題を他人に相談するのは気が引けるのです…」

借金問題を放置しておくとどのようなリスクが生じるか確認しましょう。

採ることができる債務整理の手段が少なくなる

少し上述しましたが、借金問題は早く相談をした方が採ることができる手段が多くなります。

例えば、返済に回せる額が月に5万円だとした場合、借金の総額が150万円程度であればまだ任意整理を利用することができます。

しかし、借金の総額が200万円を超えるような場合には、任意整理ができなくなります。

奨学金があるような場合に自己破産・個人再生を利用すると家族に知られるのは前述した通りです。

借金の額が多くなれば多くなるほど任意整理で生活に影響のない範囲で債務整理を試みようという事も出来なくなってしまいます。

裁判を起こされる

返済が出来なくなってしまってもなお放置をしていると、裁判を起こされます。

裁判を起こされた結果どのようになるかは前述した通りです。

保育士が借金をする理由3選

「私はついつい保育園で勤務するストレスで買い物しすぎたんだけど、他の保育士はどんな借金の悩みがあるんだろう?」

そもそも保育士が借金をする理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

保育士は収入が低いことが多い

保育士の収入は低いことが多いとされています。

令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の 経営実態調査集計結果<速報値>【修正版】によると、常勤の保育士の方では約月収30万円程度あるのですが、非常勤の方ですと私立で約18万7千円、公立ですと約16万2千円となっており、非常に低いといえます。

保育士には20代30代女性が多く浪費しがち

保育士として活躍することが多いのは20代30代女性です。

20代30代女性はファッション・化粧品など、様々な買い物の誘惑が多いため、ついつい借り入れが多くなる傾向にあります。

「ファッションや化粧品などを楽しめるのは結婚するまで…今のうちに楽しんでおかなきゃ…」とついついリボ払いで返済ができなくなってしまうという事も多いようです。

保育士はストレスが多く浪費しがち

保育園はストレスが多い環境です。

元気一杯の子供達と日常的に接するのはやはり体力勝負です。

何かあると保護者の方から叱責されたり、女性ばかりの同僚と合わない…なんてこともよくあります。

ストレス解消の方法は人それぞれですが、買い物やギャンブルなどに費やしてしまう方もよくいます。

まとめ

このページでは、保育士の債務整理についてお伝えしてきました。

債務整理によって保育士の職を追われることは無い事をしっていただいた上で、家族・職場に内緒で債務整理をするためには、早めの相談を心がけましょう。



借金問題は相談がしにくいため、自分1人だけで抱え込んでしまう方は非常に多いです。

でしが、借金問題は後回しにすればするだけ事態は悪化するだけで良い事は一つもありません。

借金問題は、専門家に相談することで思っているよりも簡単に問題を解決し新しい生活を送ることができます。

実際に、借金問題を解決した多くの人が『こんなに簡単に終わるならもっと早く相談しておけば良かった』と言います。

取り返しのつかなくなる前に、1日も早く相談を行い借金に苦しまない新しい生活をスタートしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人生を後悔しない為に1日も早い対応を
借金問題は時間がたてばたつだけ状況は悪化します。
1分で出来る借金減額シミュレーション