レイク(新生フィナンシャル)の借金は債務整理できます!押さえておくべき注意点・ポイントを解説します

「お金が必要な時があって目に入った最初の自動契約機がレイクだった」

「レイクとレイクALSAってどう違うの?」

「かなり長期間借り入れしているんだけど、レイクって途中で会社の名前かわってそれでも債務整理ってできるのかな?」

レイク(レイクALSA)を利用している方が債務整理できるかどうかを心配する事もあります。

このページでは、レイクから借金をしている方が債務整理をすることができるかについてお伝えします。
また、大切なことなので結論から先にお伝えします。

借金問題は時間との勝負で、後回しにすればするだけ状況は悪くなり取り返しがつかない状況まで追い込まれてしまう方も少なくはありません。

現実的に、100万円近い金額、100万円を超える金額を自力で返済出来る方はごく僅かです。

元金は全く減らないまま利息だけを5年も6年も支払い続けている人。

闇金にまで手を出し家族や大切な人もを巻き込んで全てを失ってしまう人もいるのが現実です。

返済がキツイと思ったら今すぐに行動を起こすべきです。

手遅れになる前に、1日でも1分でも早い段階で専門家に相談をすることをおすすめします。

専門家は匿名・無料で使えるシミュレーションサイトの利用が便利で簡単です。

それでは本文の解説を進めていきます。

レイクから借りていても債務整理はできる!手続きごとに解説

「レイクがどのようなものかのイメージはつきました。では債務整理をしても大丈夫な会社ですか?」

結論から言いますと、債務整理のどのメニューを使っても、基本的には問題なく債務整理ができます。

手続ごとにレイクの債務整理についてお伝えします。

個別の債務整理メニューをまとめて債務整理と呼ぶ

そもそも「債務整理」とはどのようなものでしょうか。

任意整理・自己破産・個人再生といった個別の手続きを利用することをまとめて「債務整理」と呼んでいます。

借金返済に困ったときには、借金の総額・収入・現在の職業・家族構成・資産などの状況に応じて、任意整理・自己破産・個人再生といった手続きを利用します。

レイクへの借金は基本的に問題なく任意整理ができる

「レイクに借金がある場合には任意整理はできますか?」

レイクの借金は任意整理が可能です。

任意整理の基本的な仕組み

「任意整理ってそもそもどうやって借金を軽くするの?」

任意整理の基本的な仕組みについておさらいしましょう。

任意整理は貸金業者と個別に話し合いをして、借金に関する条件を緩和してもらって返済をしていく手続きです。

実務的には、現在の借金の元金のみを36回程度に分割して支払っていく事になっています。

例えば50万円程度の元金になっている時には、「50万円÷36=13,888…」となり、毎月14,000円の支払いをします。

当然端数が出ますが、話し合いの時に初回・最終回で調整をします。

元金の支払いのみになるので、利息の支払いはカットです。

支払いが遅れているような場合には遅延損害金が発生していますが、これもカットしてもらいます。

あくまで話し合いの結果でこのような結果になりますので、中にはこのような形での結果を拒否する貸金業者もいるのです。

レイクの場合には基本的には標準の任意整理、より長期の分割も可能に

「レイクからの借り入れはどのような処理になるの?」

レイクは問題なく任意整理に応じているので安心しましょう。

レイクの任意整理にはついては、最長36回の長期の分割はもちろん、場合によっては60回(5年)での分割もすることができます。

また、元金での分割にも応じており、利息・遅延損害金のカットにも応じています。

レイクからの借り入れが原因で任意整理ができないという事は基本的にはありあせん。

訴訟をされた・借り入れ期間が短いような場合には要注意

「基本的には…ということは例外もあるの?」

残念ながら、標準的な任意整理ができないケースもあります。

それが、訴訟をされた場合と借り入れ期間が短いい場合です。

訴訟をされた場合、とくに判決を取られているような場合には、レイクとしてはいつでも自宅や給料の一部の差し押さえができる状態です。

このような場合には遅延損害金の一部は支払うよう求められることになり、これに応じることになります。

また、借り入れ期間が短い(目安として1年未満)で任意整理をするような場合には、きちんと返済をしてもらうことが期待できないと判断されることに。

その結果、返済期間と同様の分割しか認めないということがあります。

たとえば半年しか借り入れをしていない場合(6回の返済)には、分割回数も6回までしか認めない…というものです。

30万円の元本がある場合、通常の36回の分割であれば毎月8,400円程度の返済でいいものが、6回の分割ですと月額5万円の支払いをもとめられることになります。

つまり、事実上任意整理をすることができず、自己破産・個人再生によることになります。

「返済すると言っているのでなぜそんな対応で自己破産に持っていくの?」

借り入れを始めて3ヶ月くらいで任意整理をするような人については3年あるいはそれ以上の分割をしっかり支払えないと判断されます。

この場合、債権者としては債権を管理するコスト(支払われなくなった時に電話・書面で督促するための費用)が発生します。

ですので、自己破産をしてもらって、経理上の処理をしてしまった方が楽であると判断されてしまうのです。

新生フィナンシャルが保証会社として請求してくるときは一部の利息・遅延損害金は負担する。

レイクとしての営業ではないですが、上述した東和銀行・トマト銀行の保証会社として新生フィナンシャルが債権者となる場合があります。

この場合、一部利息や遅延損害金を負担することになるのです。

例えば東和銀行に50万円の借り入れをしており、新生フィナンシャルが利息・遅延損害金込みで60万円の支払いを東和銀行に行ったとします。

これにより、新生フィナンシャルが支払った60万円の債権者となることなるのです。

新生フィナンシャルと元金50万円での支払いの交渉をしたとしても、新生フィナンシャルとしては現実に60万円の支払いを行っているので、60万円での交渉でなければ飲めないという事になります。

ただ、60万円に対してさらに利息や遅延損害金を請求してくることはないと考えて良いです。

レイクからの借り入れがあっても自己破産・個人再生は問題なくできる

レイクからの借り入れがあり、自己破産・個人再生をする場合でも、問題なく手続きを行うことができます。

自己破産とは借金を免除してもらう手続き

前提として自己破産という手続きについて見てみましょう。

自己破産手続きは、裁判所に申し立てを行って、決められた手続きを行って、最後に申し立てた人が借金を含む債務を免除してもらう手続のことをいいます。

任意整理ではそれぞれの会社に分割して返済をしていくのですが、収入がないような場合には支払うことができません。

このような場合には自己破産を申し立てて債務の支払い義務から免責してもらってやり直しをすることになります。

個人再生とは借金を減額してもらって分割返済にしてもらう手続き

任意整理で必要とされる支払いができないような場合には自己破産をすることが望ましいといえます。

しかし、自己破産には

  • 住宅ローンを利用して住宅を持っている場合には住宅を手放す必要がある
  • 宅建士・警備員など一定の資格の人は破産手続き中はその仕事に就く事が出来ない

といったデメリットがあります。

個人再生はこのような場合に、

  • 住宅ローンは手続きから外してそのまま支払っていき、それ以外の債務を減額してもらって分割弁済とする

という特別な手続きを用意しています。

また、自己破産ではないため、手続利用中でも「破産者」になるわけではなく、仕事を辞めなくても債務整理をすることができます。

レイクから借り入れをしている場合でも問題なく自己破産・個人再生をすることができる

レイクから借り入れをしている場合でも、自己破産・個人再生をすることに問題はありません。

消費者金融の中には、債務整理を利用すると、直ちに裁判をしてくる、という会社があります。

レイクはただちに訴訟をする、というような対応を取っていません。

また、自己破産・個人再生の手続きの中で、異議を申し立てることができる事になっているのですが、レイクが異議を申し立ててくるような事もありません。

レイクは過払い金請求にも応じています

債務整理と関連するものとして、過払い金請求をレイクにしたときに、返還に応じるかですが、8割以上の返還はしてくれます。

過払い金請求とは

「よくテレビ・ラジオで聞くけど、「過払い金請求って何?」

仕組みがわかりづりらい過払い金請求ですが、2010年の出資法改正までに発生していた、グレーゾーン金利の受け取りについて、債務者側から返してください、といえる権利のことをいいます。

権利としては10年で時効を迎えるので、多くの過払い金がすでに時効を迎えております。

しかし、途中で完済することなくレイクとずっと取引をしているような場合には発生している余地もあるのです。

レイクの過払い金の返還は高水準

レイクに過払い金が発生している場合に、取り戻しをできる金額は、支払った額の8割程度~となっています。

裁判を起こした場合には9割以上の取り戻しが出来ているケースもあります。

中小などの体力のない消費者金融ですと1割も支払えないというような所もありますので、高い水準での返還に応じているといえるでしょう。

新生フィナンシャル株式会社が提供しているレイクALSAの概要を紹介

「レイクってそもそも会社の名前?」

「僕が借りていたときはGEだったんだけど…」

あまり深く考える必要はないのですが、レイクについては昔の会社・新生銀行・新生フィナンシャルといった会社が絡んでいます。

レイクのブランドについて詳述します。

レイクは1975年に大阪で生まれた消費者金融

そもそも「レイク」という名前は、1975年に大阪で生まれた消費者金融の会社の名前としてつけられました。

1998年にGEキャピタルが設立した株式会社レイクに集約し、「ほのぼのレイク」事業を集約します。

会社名を変えたり、いくつかの会社を吸収合併しながら、2003年10月にGEコンシューマー・ファイナンス株式会社に社名変更。

2008年9月新生銀行がGEコンシューマー・ファンナスを買収し、子会社に。

2009年には同社は申請フィナンシャルに商号変更します。

2011年に新生フィナンシャルでの「レイク」の新規募集と契約を終了し、新生銀行が「新生銀行カードローンレイク」として募集。

2018年新生フィナンシャルカードローンをレイクALSAに改めて募集再開をして現在に至るという状態になっています。

消費者金融業以外にも信用保証事業を行っている

レイクALSAを運営している新生フィナンシャルは、消費者金融事業以外にも、信用保証事業も行っております。

銀行は、債務者に貸し付けを行う際に、返済してもらうことを確実にするために、債務の保証をさせることがあるのです。

新生フィナンシャルは第二地方銀行の無担保ローン(東和銀行・トマト銀行など)の信用保証を行っています。

これが債務整理に影響があることがあるので注意をしましょう。

まとめ

このページではレイクから借り入れがある場合の債務整理についてお伝えしてきました。

レイク・レイクALSA、過去には「ほのぼのレイク」など、借り入れ時期によって様々な名称のレイクですが、どの時期に借り入れした場合でも、問題なく債務整理はできます。



借金問題は相談がしにくいため、自分1人だけで抱え込んでしまう方は非常に多いです。

でしが、借金問題は後回しにすればするだけ事態は悪化するだけで良い事は一つもありません。

借金問題は、専門家に相談することで思っているよりも簡単に問題を解決し新しい生活を送ることができます。

実際に、借金問題を解決した多くの人が『こんなに簡単に終わるならもっと早く相談しておけば良かった』と言います。

取り返しのつかなくなる前に、1日も早く相談を行い借金に苦しまない新しい生活をスタートしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人生を後悔しない為に1日も早い対応を
借金問題は時間がたてばたつだけ状況は悪化します。
1分で出来る借金減額シミュレーション