債務整理後はいつからローンを組める?ブラックリストなどの信用情報がリセットされるのはいつ?

借金が膨れ上がってしまい生活に困っている場合には、債務整理を行うことがおすすめです。

しかし、債務整理をするとローンが組みにくくなるというのを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

確かにこれは事実で、ローンを組みにくくなることは債務整理を行うデメリットの一つといえます。

しかし、将来借り入れを行うことができるかどうかということよりも、まずは目の前の生活を再建する重要度の方が高いでしょう。

また、債務整理を行ったとしても、今後永遠に借り入れができないというわけではありません。
一定期間が経過すれば、また依然と同様に借り入れを行うことができるようになります。

この記事では、債務整理を行うことにより、債務者の信用情報に与える影響などについて詳しく解説します。

債務整理をするとローンを組みにくくなる

債務整理をしたということは、債務者が貸したお金を予定どおり返すことができなくなったということを意味します。

お金を貸す側から見れば、そのような人を十分信用してお金を貸すことはできないでしょう。
そのため、債務整理を行った人は一定期間ローンを組みにくくなってしまいます。

信用保証機関の保有する事故情報に登録される(ブラックリスト)

金融機関は、信用保証機関の保有するデータベースについて情報共有をすることにより、債務者の信用状況を把握しています。

債務者が債務整理を行った場合、信用保証機関のデータベースに事故情報が登録されてしまいます。
このことを、俗に「ブラックリストに載る」といいます。

ブラックリストに載っている間は、金融機関の側から「債務を返さない可能性が高い人」と認識されてしまいますので、新規の借り入れが不可能または著しく困難になってしまいます。

そのため、債務整理を行う際には、しばらく新規の借り入れはできないということを覚悟しておく必要があります。

事故情報の登録期間は通常5年、個人再生・破産は最長10年

債務整理を行った場合、信用保証機関のブラックリストに掲載される期間は通常5年間です。
ただし、官報に公告される個人再生または破産を行った場合には、信用保証機関によっては10年間事故情報を保存しておくケースもあります。

ブラックリストに載っている間は絶対にローンは組めないの?

実は、ブラックリストに載っていたとしても、絶対にローンが組めないというわけではありません。
その理由について詳しく解説します。

与信の可否はあくまでも総合的な判断

金融機関がローンによりお金を貸すかどうかを判断する際には、債務者の財務状況や信用状況を総合的に考慮することになります。

債務者が信用保証機関のブラックリストに掲載されているということは、お金を貸すかどうかの判断においてマイナスに働くことは間違いありません。
しかし、それ以外に債務者の財務状況の良好さを示す事実や、債務者の信用を高める事実がある場合には、金融機関はお金を貸すことができると判断する可能性もあります。

したがって、ブラックリストに載っているからといって、絶対にお金を借りることはできないということにはなりません。

ブラックリストに載っていてもローンが組める例

ブラックリストに載っていたとしてもローンを組むことができると思われるいくつかの例について紹介します。

債務整理後、収入が劇的に上昇した場合

債務整理後、就職活動がうまくいったり、事業に成功したりして収入が劇的に上昇した場合には、債務者の財務状況は大きく改善することになります。

その場合には、金融機関としても安定した高収入を頼りに、債務整理の事実にかかわらずお金を貸してくれる可能性があります。

債務整理後、堅実に貯金をしてある程度の資産を作ることができた場合

債務整理後に収入をコツコツと貯金して、一定の資産を作ることに成功したことを金融機関に示すことができれば、金融機関側の債務者への信用を高めることに繋がります。

この場合、金融機関は債務者の行動が改善したということを信じて、債務整理の事実にかかわらずお金を貸してくれる可能性があります。

債務整理後、大手の金融機関からの借り入れに成功した実績がある場合

債務整理後に、社会的信用の高い大手の金融機関からの借り入れに成功した場合、他の金融機関としても「この債務者にはお金を貸してもいいんだな」と考えるきっかけになります。

もちろん、与信判断は各金融機関の判断に委ねられますが、大手の金融機関からの借り入れに成功したという事実がローンの借り入れにおいてプラスに働くことは間違いないでしょう。

ヤミ金に注意

とはいえ、やはり債務整理後はなかなか借り入れを行うことができないというのが実情です。

しかし、そんな中で一部の金融機関は、債務整理の事実を度外視してお金を貸すことを提案してくるかもしれません。

その場合は、借り入れ条件をよく確認するようにしましょう。

特に、違法な高利率を設定して貸付を行う「ヤミ金」には注意しましょう。

お金に困っているときは、ついついヤミ金の誘惑に負けてしまいそうになることもあるかもしれません。
しかし一度ヤミ金に手を出してしまったら、過酷な取り立てにより生活が破綻してしまう可能性があります。

そのため、絶対にヤミ金に手を出してはいけません。
もしヤミ金ではないかと疑われる貸付の申し込みに遭った場合は、すぐに弁護士に相談をしてください。

できるだけ信用情報を傷つけないように借金を減らすには?

債務整理をしてしまうと、債務者の信用情報に傷がついてしまうことはある程度避けられません。

しかし、その中でもできるだけ信用情報を傷つけないように借金を減らすには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

家族などに立て替えてもらう

一番いい方法は、家族などに借金をいったん肩代わりしてもらうことです。

そうすれば、債権者から見れば借金をすべて返してもらったことになりますので、それ以上の取り立ては行われませんし、信用情報に傷がつくこともありません。

その後、無理のないペースで建て替えをしてもらった家族に対してお金を返していけば良いので、最も穏便な解決方法といえるでしょう。

金融機関でない債権者との間でのみ任意整理を行う

借金を肩代わりしてくれる家族などが見つからないという場合には、債務整理を行うほかありません。

金融機関の債権を債務整理によって減額・免除してもらったり、弁済スケジュールを変更してもらったりした場合、信用保証機関のブラックリストに載ってしまうことは避けられません。

しかし友人や知人など、金融機関でない人からもお金を借りている場合には、まずその債務を任意整理により減らすことが一つの対策として考えられます。
そうすれば、金融機関の債権は債務整理の対象となりませんので、信用保証機関のブラックリストに載ることもありません。

個人再生・破産はできるだけ避ける

先に解説したように、信用保証機関によっては、個人再生・破産については最長10年間ブラックリストに載せておくところもあります。

そのため、個人再生や破産をした場合には、最長10年間借り入れができなくなってしまうという可能性があります。

信用情報の毀損を防ぐという観点からは、個人再生や破産をすることはできる限り避けた方が無難です。
ただし、財務状況があまりにも悪く借金返済のめどが立たないという場合には、個人再生や破産をすることもやむを得ません。

したがって、何が一番債務者にとって良いのかということを、弁護士や司法書士と一緒によく考えることが重要です。

債務整理は弁護士または司法書士に相談しよう

債務整理を行う場合には、債務整理の経験が豊富な弁護士または司法書士に相談しましょう。

例えば任意整理を行う場合、債権者との交渉を行う必要があります。
しかし、適切に交渉を進めるためには、債務整理に関する豊富なノウハウが不可欠です。

また、個人再生や破産の場合、事前に裁判所に提出する書類の準備などを行う必要があります。
しかし、書類の準備には手間がかかり、一人で行うのは非常にたいへんです。
さらに、作成方法も法律の規定に則るため、法律の専門的知識も必要になります。

このような理由から、債務者が誰の助けも借りずに一人で債務整理に取り組むのは現実的ではありません。

弁護士や司法書士に相談・依頼をすれば、依頼者の具体的な事情や希望に応じて、債務整理の手続きを全体的にサポートしてくれます。

また、面倒な債権者との交渉や、書類の準備もすべて依頼者のために代わりに行ってくれます。

よって、債務整理を検討する場合には、まずは弁護士や司法書士に相談してみてください。

依頼費用が捻出できない場合には、法テラスを利用する手もある

弁護士や司法書士に対する依頼費用を準備する余裕がないという場合には、「法テラス」の民事法律扶助制度を利用しましょう。

法テラスでは、経済的に余裕がなく依頼費用を準備できない依頼者に対して、弁護士や司法書士への依頼費用を立て替えてくれます。

立て替えてもらった費用は、依頼終了後に分割払いで返済していくことになります。
ただし、生活保護を受けている場合などには、申請により返済の免除を受けることができます。

また、法テラスでは弁護士や司法書士の紹介を受けることも可能です。
法テラスで借金問題に悩んでいるという自分の状況を説明すれば、債務整理を得意とする適任の弁護士を紹介してくれるでしょう。

債務整理を検討する際には、法テラスを活用することも検討してみてください。

債務整理後にローンを組むことができた人の体験談を紹介

債務整理後にローンを組むことができたの体験談を一つ紹介します。

私は50代の男性で、現在は妻と一緒に二人でマイホーム暮らしをしています。

 

7年ほど前に、ギャンブルが原因で消費者金融から合計200万円ほどの借金をしてしまいました。
収入も十分でなかったことから、借金の元本はなかなか減っていきませんでした。

 

このままでは生活が破綻してしまうと思った私は、借金問題を解決するために法テラスに相談に行きました。

 

法テラスでは、債務整理に強い弁護士を紹介してもらえました。
私は以前からマイホームを持ちたいという希望を持っていたので、できるだけ早くマイホーム購入のためのローンを組めるようになる方法をとりたいということを弁護士の方に伝えました。

 

すると弁護士の方は、決して多くはないものの収入もあるので、任意整理により弁済スケジュールを延ばしてもらった上で倹約を心がければ、3年程度で借金を完済することは可能だとアドバイスをくれました。
また、任意整理であれば、個人再生や破産をした場合よりも早く住宅ローンを組めるようになるということも教えてくれました。

 

私は、早く住宅ローンを組めるようになるのはありがたいと思い、弁護士の方に任意整理を依頼することにしました。

弁護士の方は、債権者との交渉をすべて代行してくれました。

その結果、利息と遅延損害金のカットと弁済スケジュールの先延ばしを実現することができました。

 

その後は月々6万円ずつの返済を継続して、予定どおり3年弱で借金を完済することができました。

任意整理をしてから5年と少しが経った時、住宅購入のためのローンの審査を受けることになりました。
任意整理を行った事実がどう見られるかとふあんでしたが、幸いにして無事ローンの審査に通過することができ、ついにマイホームを手に入れました。

 

債務の負担を軽減することができた上に、予想していたよりも早くマイホームを購入することができたので、あの時任意整理をしておいて本当に良かったと思います。

まとめ

債務整理をするとローンが組みにくくなるということは事実で、債務整理を行うデメリットの一つといえます。

しかし、債務整理を行ったからといって、永遠に借り入れを行うことができないわけではありません。
5年後・10年後のライフプランを見据えながら、どのタイミングで新たに借り入れを行いたいかを計画的に検討し、弁護士と一緒にどのように債務整理を進めたらいいかを考えましょう。

そうすれば、人生の計画を大きく崩すことなく、債務整理による借金の返済負担軽減を実現することができます。

もし借金問題に困っているという場合には、気軽に弁護士に相談をしてみましょう。



借金問題は相談がしにくいため、自分1人だけで抱え込んでしまう方は非常に多いです。

でしが、借金問題は後回しにすればするだけ事態は悪化するだけで良い事は一つもありません。

借金問題は、専門家に相談することで思っているよりも簡単に問題を解決し新しい生活を送ることができます。

実際に、借金問題を解決した多くの人が『こんなに簡単に終わるならもっと早く相談しておけば良かった』と言います。

取り返しのつかなくなる前に、1日も早く相談を行い借金に苦しまない新しい生活をスタートしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人生を後悔しない為に1日も早い対応を
借金問題は時間がたてばたつだけ状況は悪化します。
1分で出来る借金減額シミュレーション